PANDA STUDIOパンダスタジオ東池袋は、人知を映像にし世界で共有する!

ニュース&トピックス

【Tips】 HDMIの方言に対応するスケーラー

一見すると同じようですが、HDMIというケーブルには様々な信号が通っているのです。
映像として、多くの方言ともいうべき解像度やリフレッシュレートの違う信号で、TriCaster40で利用する1080iが受け取れない場合も、ままあります。

そんな時にパンダスタジオ東池袋で使用しているHDMI to HDMIの信号を揃えるスケーラーをご紹介します。

アクションカムなどの1080Pの信号も利用できるようになります。

CP259H

CP-259H

 

HDMI to HDMIスケーラーボックス

1台のHDMIまたはDVI出力端子付き機器(ハイビジョンレコーダ、DVD機器、PC、Play Station3等)から出力された映像信号をアップまたはダウンスケールし、HDMIまたはDVI入力端子付き機器(ハイビジョンテレビ、モニタ、プロジェクタ等)に最適な解像度を選択して表示ができます

オーディオ入力端子の選択が可能

音声の入力端子をHDMI、3.5mmステレオミニプラグ、光デジタル端子から選択
選択された入力音声信号をHDMI、3.5mmステレオミニプラグ、光デジタル各出力端子から同時出力

※ 音声のみの出力はできません(HDMI出力と同時に音声出力できます)

個々の映像・音声信号を集約し1本のHDMIケーブルでデジタル伝送

個々に入力する映像・音声信号を1本のHDMIケーブルに集約し伝送することで、シンプルな配線が可能

OSDメニューから各種設定が可能

画質調整

  1. コントラスト調整(Contrast)
    最も暗い部分、最も明るい部分の輝度の差を調整
  2. 明度調整(Brightness)
    画面全体の明るさを調整
  3. 微調整(Finetune)
    Hue:色合い(色味)の違いを調整
    Saturation:色の鮮やかさを調整
    Sharpness:画面イメージの鮮明さを調整
  4. カラー調整(Color)

マルチアスペクト比選択(Size)

5通りの表示アスペクト比から選択可能

  1. 全画面(Full)・・・デフォルト
    画面全体に拡大表示します
    ※ 4:3の映像を16:9の画面に表示させると、被写体がやや横に引き延ばされて見えます
  2. オーバースキャン(Overscan)
    実際の画面サイズよりも表示領域を引き延ばして一般のテレビなどは、画像の端のゆがみやノイズを隠すために、送られて来た映像の縁をあえて表示しないようにしており、その状態で表示します
  3. アンダースキャン(Underscan)
    モニター画面において、実際の表示域を小さく表示することで、画像の隅々まで確認したり、ブランキングピリオド時におけるノイズやスキューによる歪み等をチェックするために用いられます
  4. レターボックス(Letterbox)
    画面の上下に黒い帯を入れて、16:9の映像を出力します
  5. パンスキャン(Panscan)
    ワイド映像の左右を切り取り、4:3の領域に収まるよう表示します

出力解像度のスケーラ機能(Output)

選択可能な解像度:

【PC解像度】
VGA、SVGA、XGA、SXGA、UXGA、WSXGA、WUXGA、WXGA+、SXGA+

【HDTV解像度】
480i、480p、576i、576p
720p@50Hz、720@60Hz、1080i@60Hz、1080p@50Hz、1080p@60Hz

【その他】
NATIVE・・・デフォルト
※ 入力信号をそのまま出力

オーディオ設定

  1. 音声入力の切替(Source)
    HDMI
    3.5mmステレオミニプラグ(L / R)
    光デジタル端子Tos-Link(OPTICAL)
  2. 遅延出力設定
    Off→40m/s→100mm/s→150m/s
  3. 音声ON / OFF設定

OSDの表示設定(Information)

  1. 水平表示位置(H.Positon)
    OSD表示位置の上下の位置を調節
  2. 垂直表示位置(v.Positon)
    OSD表示位置の左右の位置を調節
  3. タイムアウト時間(Time Out)
    OSD表示時間(0秒~100秒)を選択
  4. 背景色(Background)
    OSDの背景の透過度合い(9段階)を調節

情報確認(Information)

  1. 入力信号
  2. 入力解像度
  3. 出力解像度
  4. 本体ファームウェアバージョン

HCTP準拠

コンテンツ不正コピー防止する著作権技術のHDCP適合
HDCP準拠DVI機器も接続可能

簡単セットアップ

ドライバー、ソフトウェアインストール不要。ケーブルを接続するのみ

 

「人知を映像にして人類で共有する!」
有限会社DreamCraft
Web : http://dreamcraft.jp
E-mail : pandastudio@dreamcraft.jp
担当:Yasuo Onoe

Print This Post Print This Post
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes