PANDA STUDIOパンダスタジオ東池袋は、人知を映像にし世界で共有する!

ニュース&トピックス

【Tips】 アナログVGA to アナログHDコンポーネント変換

ありそうで、なかった便利なスケーラー。
TriCaster40は、アナログHD(1080i)コンポーネント信号をカメラ入力で欲しいです。
講演会などパソコンのディスプレイ信号はVGAが基本です。しかも、プロジェクターと分配されていたり、進行用の表示と講演者のPCを切り替えたり、どんな信号が入ってくるかわかったものではありません。
このままではキチンと画を出すことすら難しいので、困った経験ありませんか?
パンダスタジオ東池袋では、CP-291というアナログスケーラーで解決しています。

20131119-202900.jpg

 

【CP-291概要】
CP-291は、アナログRGB映像信号をコンポーネントビデオ信号に、またコンポーネントビデオ信号をアナログRGB信号に相互変換可能なビデオスケーラーです。
最大で1080p、またはWUXGA(1920×1200)までのアナログRGB信号およびコンポーネントビデオ信号を入力でき、同様に480iから1080pまでのHDTV向け解像度、およびWUXGAまでのPC向け解像度のアナログRGB、またはコンポーネントビデオ映像に変換し出力します(ただしコンポーネント信号⇒コンポーネント信号の変換や、アナログRGB信号⇒アナログRGB信号の変換など、同規格の信号どうしの変換はできませんのでご注意ください)。
アップスキャン/ダウンスキャンや色合いやアスペクト比調整など、様々な画像調整機能を自在にお使いいただけます。
アナログRGBを備えたパソコンからの映像を液晶テレビ等で使用する際や、コンポーネントビデオ信号をパソコン向けの液晶ディスプレイに表示させたい場合などに便利です。
高画質高精細の映像信号を要する、プロフェッショナル向け用途や大画面テレビでの使用や、大型液晶テレビをパソコンのディスプレイ用途に使用する際などに最適です。
【特長】
●アナログRGB、およびコンポーネント映像信号を、コンポーネント、アナログRGB映像信号へ相互変換します。アナログRGB→コンポーネント、またはコンポーネント→アナログRGB変換のどちらにもご利用いただけます(ただしコンポーネント信号⇒コンポーネント信号の変換や、アナログRGB信号⇒アナログRGB信号の変換など、同規格の信号どうしの変換はできませんのでご注意ください)。
●SXGA、UXGA、WUXGAといったパソコン用の解像度を、720P、1080i、1080pなどのHDTV向け解像度に変換し、液晶テレビなどに表示することが出来ます。
●HD15pinオス-RCAメス×3 中継・変換ケーブルを併用することで、D端子映像の入出力にも対応可能です。
●HDTV向け解像度は50Hz、60Hzどちらのリフレッシュレートでも出力可能。
※480iは30×2(NTSC相当)、576iでは25×2(PAL相当)となります。
●入力されたソース信号を検出し、カラーモードや解像度を自動判別。
●Bypassポートを装備し、本機から変換前のソース信号を出力可能。
●さらに、PC向け、HDTV向け各種出力解像度を、OSDメニューから簡単に選択できます。
●画像品質をきめ細かく調整するためのOSDメニューを装備。
●ドライバソフトウェア不要で、プラグアンドプレイによる簡単なインストールです。
●外形寸法 : W 157mm×D 102mm×H 25mm
●RoHS指令適合品  ⇒⇒適合判定基準は、こちらをご覧ください。
【付属品】
▼DsubHD15ピンオス-RCAプラグ×3変換ケーブル(コンポーネントビデオ映像入出力用)1m・・・1本
▼アナログRGBケーブル(DsubHD15ピンオス-DsubHD15ピンオス)1.2m・・・1本
▼ACアダプタ(PSE認定済)・・・1個

【適合ケーブル】
ディスプレイケーブル [アナログRGB HD15pinオス-HD15pinオス]
ディスプレイケーブル [極細タイプ、アナログRGB HD15pinオス-HD15pinオス]
HD15pinオス-RCAメス×3 中継・変換ケーブル
※標準外の長さのケーブルも特注で製作できます。
【対応機種】
■対応入力機器 : アナログRGB(DsubHD15ピン)端子、またはコンポーネントビデオ端子を持つPC/AT互換パソコン、Macintoshシリーズ、DVDプレイヤー、HDDレコーダー、ゲーム機等の映像機器
■対応ディスプレイ機器 : アナログRGB端子、またはコンポーネントビデオ端子を持つPC用ディスプレイ、液晶テレビ、プロジェクターなどの映像機器

20131119-202923.jpg

 

デジタルの時代にアナログ処理がけっこう面倒だった事例です。

コンバーター3個を使用して上記の処理をしてみました。(コストかかりすぎやん)

VGAをDVIに変換。

DVIからHD-SDIに変換。

HD-SDIからアナログコンポーネントに変換。

まぁできるけど、こんな採算合わないことやってられないですよね。

しかもCP-291は安いし。

さらに、ミラー機能があって、画面をミラー反転することができます。

これって窓越しに裏打ちプロジェクターを投影するサイネージや、横向きプロンプターに便利だと思う。

CANPS0004

 

「人知を映像にして人類で共有する!」
有限会社DreamCraft
Web : http://dreamcraft.jp
E-mail : pandastudio@dreamcraft.jp
担当:Yasuo Onoe

Print This Post Print This Post
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes