PANDA STUDIOパンダスタジオ東池袋は、人知を映像にし世界で共有する!

ニュース&トピックス

(動画)聖域なき言いたい放題 第6弾 この世界を変える方法 内海 聡 VS 三宅洋平

学びTVから近日公開

http://manabi-tv.net/index.php/TDD/archives/6


01内海聡&三宅洋平 トークショウプロローグ.00_07_57_20.Still002

 

 

03内海聡&三宅洋平 公人とは.00_00_49_08.Still001

三宅洋平
デビュー時よりライブやネットを通じて社会に対する主張を行い、国内の原発問題にも事故以前から発言していた。衆議院選挙で立候補の打診を受けたことを切っ掛けに、「政治に参加し、政治をアート」する姿勢を打ち出す、としている。また、アーティストが政治を語るネット番組「NAU(日本アーティスト有意識者会議)」の配信を行なっており、過去にはDELI、Hibikilla、難波章浩、安部芳裕、想田和弘、Kダブシャインらがゲストとして参加した。
2011年3月、東日本大震災を期に、東京から沖縄北部の本部町に避難。「自然農法やエネルギー自給を取り入れながら「新しくて懐かしい」ライフスタイルの模索に入る」としている。
2012年12月、脱原発候補として衆議院選挙に立候補した山本太郎の街頭演説をプロデュースした。
2013年3月、「日本アーティスト有意識者会議(略称 NAU)」を政治団体として登録。その後、「”日本社会の価値観を多様にひらく”必要を感じ」、第23回参議院議員通常選挙へ緑の党からの推薦を受け、比例代表で立候補。連日「選挙フェス」と称する集会を展開し、176,970票の個人票を得たが、緑の党が当選枠を獲得できず落選した。なおこの票数は、落選した候補の中で最多の個人得票数であった。この選挙戦の様子はNHKのテレビ番組クローズアップ現代において「新たなうねり」として紹介され、御厨貴は相手方と同じ目線で訴えかける積極性があったとし、佐藤哲也は若者を中心に共感を生んだことが成功につながったとしてそれぞれ論評を加えた。また、この番組によると三宅は積極的にツイッターを利用しており、選挙期間中、選挙関連ツイートを978件投稿した。リツイートされた件数34,000回は全候補者、党首の中で最多であった。一方、西田亮介は、具体的な政策を打ち出さず若者の共感を得る選挙運動形式について危険性を指摘している。2014年には、沖縄の辺野古で基地移設に反対する人たちについて、県外から来た活動家である旨のtweetもおこなっている。
ウィッキペディアより

 

05内海聡&三宅洋平 考える人を増やす.00_06_56_28.Still001

09内海聡&三宅洋平 これから.00_06_30_21.Still001

「人知を映像にして人類で共有する!」
有限会社DreamCraft
Web : http://dreamcraft.jp
E-mail : pandastudio@dreamcraft.jp
担当:Yasuo Onoe

Print This Post Print This Post
Get Adobe Flash player Plugin by wpburn.com wordpress themes